TANUKI CLUB 本文へジャンプ
2009年タヌキクラブ総会@南茨城県  

2009年9月5日(土)〜6日(日) に総会が開かれました.例年のとおり,散策と宴会が9割以上を占めていましたが,大人12名と子ども2名が集いました.

牛久自然観察の森正門に正午に集合(バス「かっぱ号」は11:53着)で,観察舎目指して森を散策.太陽は夏でも風は秋という中,お弁当を頂きました.子どもたちはバッタトカゲをキャッチ&リリース.(交尾中のショウリョウバッタさん,ご迷惑をおかけしました.お尻で繋がっていても少し飛べるんですね.スゴイ,雌が….)トウキョウダルマガエルも池から顔をのぞかせ,真昼でもヒグラシの鳴く森を歩きました.クサギヤブランクズワレモコウツリガネニンジンなどの花々が見られました.ネイチャーセンターでは「鳴く虫展」が開催されており,虫と人とでにぎやかでした.(翌朝,スズムシをもらうため,並んだ人が参加者から2名.家でもよく鳴いているそうです.それぞれペットのネコトカゲに見つめられて泣いているという説も.)ネイチャーセンターにはタヌキの剥製もありましたが,近くで見つかったロードキルだそうです.

15:00過ぎに龍ヶ崎市森林公園に移動.火をおこし,豚汁の準備をし,火のお守りを残して湯ったり館で汗と疲れを流しました.そして牛・豚肉と野菜たっぷりのBBQ焼き鳥焼きそば焼きリンゴなどに舌鼓を打ち(タヌキクラブだから腹鼓かな),各種酒で盛り上がりました.ログハウス&キャビン2棟に分かれて就寝.

6日朝は,また火おこしから始まり,薪を売ってくれる管理棟が開いてなかったので,枝拾いで燃料を調達しました.一部早起きの人でコーヒーを飲んでから,森林公園を散策.ふれあい広場にはストーンヘンジを思わせる(?)ファイヤープレースがありました.7:00頃に朝食をパン・アトリエ クレッセントに買いだしに行きました.パンベーグルが焼き上がるたび買う種類が増えていきます(笑).

朝食後,ようやく「総会」ということで,会計報告では,前年度は数千円の黒字,十数年かけて14万円ほどの活動資金が貯まったようです.活動報告では,「たぬき道」の発行,ホームページの更新などについて.活動予定では,ここ数年の課題であった「タヌキの小冊子」についてで,佐伯が中心に生態をまとめ,話題や写真やイラストなどをたくさん入れて,正しい情報と興味を持ってもらえるような内容を目指すことが決まりました.瀬川さんより子ども向けの絵本のような体裁のものも作りたいと提案がありました.14万円では印刷は無理なので,当面ホームページからのダウンロード形式にし,助成金などを得てから印刷物として発行できればということです.それから,来年の総会は,人口よりタヌキが多いと言う知夫里(トトロのジブリではなくタヌキのチブリか)に行こうという提案が出されました.

昼食は,少し贅沢に(タヌキクラブとしては屋根のあるところで食べるだけでも贅沢だけど),牛久のシャトーカミヤのラ・テラス・ドゥ・オエノンで摂りましたが,運転するので地ビールが飲めませんでした….神谷傳兵衛記念館もなかなか面白かったと思うのは,酒飲みだからでしょうか?昔のワインセラーは悠久の香りがしました.


(佐伯 緑・記)